販促コンサル事業
seminar

セミナーのイメージ画像

小規模店舗が生き残るための販促・集客に関わるご相談事に対し、オープンから半年で売上600%UPさせた小規模飲食店のシェフと、リクルートで11年営業マンを務めた妻が、丁寧にお応え致します。

主に、個人事業主のための新規集客&リピートのコンサルタント。具体的には、メールマガジンの書き方のノウハウ・リピートに繋げるための仕組み構築方法、手描きチラシの作成のノウハウ、FAXDM作成&配信代行など。あなたの気づいていない魅力を引き出し、魅力の伝え方や、行動の仕方を一緒に考え、伴走するパートナーとなることをお約束致します。

集団セミナー

実店舗で実証済みのマーケティングノウハウを、セミナーの主なコンテンツとしております。具体的には、弊社で運営しているフレンチレストラン『Bon Masuda』にて、実際に行なっている集客のノウハウです。

実証済みのマーケティングセミナー

定期開催(主に第3火曜日) 受講料¥5,000~(同伴ご家族は無料)

苦手な人に会うのが楽しくなる!対人スキルUPセミナー

★派遣会社様の営業フォロー研修で実施実績あり。
…開催日相談OK ¥10,000/人

個別指導

集団セミナーでは、基本的にはどの業種や業態にも応用の効くノウハウを、お伝え致しております。しかし、個々のニーズや置かれている状況に合った「より具体的な」アドバイスとなると、集団相手のセミナーの中だけでは、どうしてもやり切れないのが現実です。その点個別指導なら、あなた自身の「今」や「未来」を見据えた上で、具体的に「どうしたら良いのか?」といった部分を、一緒に考えて行く事が可能となります。

描き上げるまで帰れません!手描きチラシセミナー

★23名の経営者にご利用いただいております。(H.30年2月現在)
…開催日応相談 ¥50,000/回

メルマガ添削

メルマガやFAX DMを送る前に、客観的な視点から分析します。毎月1本のメルマガから、300万円の売り上げを継続的に挙げている実例を元に、成果に繋がりやすくなるための適切なアドバイスを致します。
【添削料】¥10,000/本

オール販促コンサルタント

1ヶ月3万円(1年契約)で、チラシやメルマガやFAX DMの作成指導・添削・アドバイスなど、営業活動に関する事でしたら、全てサポート致します。

ご興味を持たれた方へ

私たちの販促コンサル事業は、「セミナーを開く事」や「コンサルをする事」が目的ではありません。そこに参加される方が、ご自身の力で歩んでいくための「伴走者」である事が、私たちの真の役割だと考えております。そのため、対面でのやり取りを大切にしております。以下に挙げる私たちの“スタンス”に共感して下さった方のみを、集団セミナーや個別指導の「ランナー」とさせていただきますので、予めご了承下さい。

  • 個別指導をご希望の方は、一度集団セミナーにご参加下さい。
  • 個別指導の対象者は、基本的には集団セミナーにご参加された方か、もしくは「紹介制」を取らせていただいております。
  • 集団セミナーは、実店舗を経営されている方を対象にした内容です。従って、ご参加される方も、実店舗を経営されている方(または経営される予定の方)に限定させていただいております。

増田郁理プロフィール

増田郁理代表のプロフィール写真

1977年10月20日生まれ。滋賀の大津出身。

東京育ち。関西大学院卒後、旅行会社に就職するが、男尊女卑の風土が合わず、「もっと稼ぎたい!」という思いがあり、名古屋のリクルート(求人媒体)に転職。初めてのひとり暮らしにウキウキするも、滋賀の田舎から、キラキラでバブリーな名古屋に来たことで、身体と心がついていけず、躁鬱状態に…。しかし、営業リーダー職に就かせていただいたことから、仕事が劇的に楽しくなり、逆にワーカーホリック状態へ…。

●静岡時代

親友との慰安旅行で、いまの夫に出会う。結婚を機に、静岡のリクルートに依願転勤。風土の違いから、ストレスが溜まり、1ヶ月で3㎏痩せる。リーマンショックで、周りが次々に退職。「どんな環境でもパフォーマンスを上げる」ことが自分の身を守ることを思い知らされる。さらに、ワーカーホリック状態へ。

●母として

妊娠中の2010年10月に、夫と飲食店をスタート。身内しか来ない状態が続き、、、2ヶ月経ち、、、待っていても、新しいお客様が来ないことにようやく気づく。手描きチラシ、メルマガ、Facebookなど、安価ですぐにできることで集客を本格的にはじめ、試行錯誤を繰り返し、半年で6倍の売上UP。自分たちの失敗を他の飲食店オーナーに知っていただき、みんなで業界を盛り上げたい!という気持ちが強くなり、11年勤めたリクルートを退職し、セミナー事業をスタート。飲食店を生業とする方と、それを支える家族の「バディ」として応援していきます。